ロストジャッジメント~冷麺好きって顔に書いてる~

ゲーム
スポンサーリンク

桑名の素性を探るために向かったバー「セイレーン」。

そこには桑名のおじに当たるというマスターがいるはずでしたが、残念ながら既にもぬけの殻。

危機を桑名から聞いて逃げたか…そう思っていたところに現れた相馬。

海藤さんは不意を突かれて刺され、八神も絶体絶命。

いよいよトドメというところで、店内に鳴り響く電話の音。

相馬が取ると、電話の主はセイレーンのマスター。

彼の助けで窮地を脱した八神は海藤さんを救急車に乗せ、自身はカラオケバー「サバイバー」でマスターと顔を合わせることに。

果たして、どんな用件で呼び出されたのか…

ここがカラオケバー「サバイバー」。

冷麺が好きそうな顔をした男が経営する素敵なバーです🍸

中に入ると、そこには既にマスターが。

いかにも切れ者っぽい感じの男ですね。

元ヤクザらしいですが、有用な情報は得られるのか…

マスターは星龍会という組のヤクザ。

足を洗ってからはずっとセイレーンでマスターをしていたようですね。

八神を呼び出した用件はズバリ「あるモノを回収する」こと。

どうやら桑名に頼まれたらしい。

そのあるモノとは…八神たちが発見したライターに偽装したUSBメモリー。

やはりビンゴだったんですね❗

どうやら中身は桑名にとって見られなくないデータ。

なんとか渡して欲しいと頼んでくるマスターですが…こちらにも事情があります。

”せめて桑名に会わせてくれ”

USBメモリーを渡す条件をつける八神ですが、桑名は既に街を離れたらしい。

逃げ足速いな…笑

中身を見ていない現時点では、八神たちにとって必要かは分かりませんが…いまは澤先生と桑名の繋がりを知るための唯一の証拠かもしれない代物です。

残念ながら本人が来ないのでは渡すわけにはいきません。

断ると、マスターは「本人が来なかったのを責めないでやってくれ」と言います。

聞けば、どうやら桑名は何かの事件が原因で日の当たる場所を歩けなったようです。

そこでマスターを頼って異人町へやって来て、裏社会に足を踏み入れたらしい。

その後、桑名は”強い目的意識”を持って積極的に裏社会に染まっていったとか。

目的意識とは…❓

マスターを問い詰めますが、「そのメモリーを見ればあんたなら分かるはず」と言って立ち去ります。

一体、このUSBメモリーに何が…❓

これは急いで九十九にチェックしてもらわねばなりません。

急いで九十九課へと向かう八神ですが、ここでも新たな襲撃者が…

横浜流氓の幹部・鉄爪さんです。

どうやらよそ者=RKが我が物顔で街を荒らしているのに激オコな様子。

しかも、八神たちが東京から連れてきたと勘違いしているようで…

今日は散々な一日だな…

ここまで来ると敵の体力バーも3本目に突入。

ちゃんと経験値を貯めて八神を強化しないと危ないですね😥

なんとか撃破すると、落ち着きを取り戻した鉄爪は話を聞いてくれます。

八神が追っている事件とRKについて聞いた鉄爪は納得してくれたらしく、ある提案をしてくれます。

RKが異人町にいる間、鉄爪を”兄弟”と呼んで良い…つまり、横浜流氓が一時的に味方をしてくれるということです。

この街で女子供に手を出す奴は許さねぇとのこと。

(まぁ、実際には八神を兄弟にできればボコられた鉄爪の面子が立つのもあるらしいですが笑)

この街に来てようやく得られた仲間(…で良いんだよね❓)です。

少なくとも、しばらく横浜流氓に襲われないで住むのは大変助かるところ。

大軍でやって来てるRKへの対抗にもなるでしょう。

さあ、ひとつ厄介事が片付いたところで、早速例のUSBをチェックしなければ❗

コメント

タイトルとURLをコピーしました